愛知県春日井市の有限会社「高蔵」は環境にやさしく未来へつなぐ家創り「心安らぐ木の住まい」を手がける工務店です。
「木造注文住宅」「民家再生」「新月の家創り」愛知 名古屋 春日井 有限会社「高蔵」です。

1)お客様へ工務店の建築技術者として?

今まではとてもありがたい事に紹介による新築、改修工事がほとんどでした。
予算、間取り、外観・・・ぐらい。
希望を聞き我が家のように建ててきました。

しかし昨今取り出されているような耐震問題を含む偽装、新建材等によるアレルギー対策など住まわれる方々に説明しなければならない事が数多くあります、建築にたずさわる技術者として課された責任は重大だと感じます。

2)現在建てられているの家はどんな家なの?

木造住宅の多くは骨格と呼ばれる柱、梁は 外材(輸入材)が使われ、化粧となる表面には新建材と呼ばれる合板で出来た床、枠、ドア・・・仕上げには 天井 と壁にビニールクロスとエアコン等による冷暖房、アルミサッシとペアガラスの組み合わせ・・・などなど昭和30年代以降さまざまな資材、建材が出回り我々 工務店、創り手も便利さ 見栄えにとらわれ使用、利用してきました。
私もその内の一人でした。
皆さんがご存知の数あるハウスメーカー、○○ハウス等まだまだ数多くの工務店、創り手 も使っているのが現状です。
耐震の問題がでれば金物等による補強、よく耳にするシックハウス 等の空気汚染には強制換気と「F☆☆☆☆」フォースターと呼ばれる等の認定された建材の使用が義務付けられました。

3)今問題とされている事は?

耐震偽装といわれる構造体の強度不足、施行時の設計図書と呼ばれる図面と違う手抜き、見落とし・・・設計士、工務店、創り手 の技術者としての資質、技術不足、信念などの低下による建物の安全性です。
新建材、内装材、接着剤等から発生する化学物質と考えられるシックハウス症候群や 花粉症等のさまざまな要因によるアトピーなどのアレルギー症状です。
化石燃料等使用による二酸化炭素増大や空気汚染による地球温暖化から始まる異常気象と世界的な無本位な森林伐採、我が国では荒れた森林による山の保全不足からくる川の増水、住宅浸水、土砂崩れなど自然と共生できていない事です。
冷暖房 電気 流通の源となるエネルギー問題、産業廃棄物の不法廃棄、処理などのゴミ問題からくる環境汚染や水質汚染です。

設計図面も手書きから建築CADと呼ばれる電子式が主流になりパソコン上にてコピーや貼り付けが容易になり図面の個性もなくなり見た目はとてもきれいでかえって私は見にくいです。
現場サイドも予算、工程、品質と管理重視で現場員も掛け持ちが多く腰をおろして現場にいることがあまりありません、施行図(現場での工事用図面)もCADで他人(外注)に書いてもらう方も多いと聞きます。他人任せでは想いも愛情も現場にはありませんネ。

夢がかない手に入れた新築マイホームや古い水廻りの交換と内装リフォームで住み始めたら突然アトピー性皮膚炎になったとよく聞きます。国の基準を満たす建 材表示「F☆☆☆☆」でもホルムアルデヒトなどの化学物質を含有していないわけではなく基準を満たした建材などでも室内空気は化学物質によって少なくも汚 染されいます。本来は有害な化学物質が含まない建材を使用する(新建材はほとんどが含んでいる。)など材料、資材には十分模索すべきで建築基準法のシック ハウス規制をただ守っているだけではこの解決にはなりません。

お客様のいままでの生活環境も十分拝聴し健康で家族が幸せに暮らせる家創りを目指します。

海外からの安い木材、材料を化石燃料を使ってまでも輸入し無駄なエネルギーを消費して二酸化炭素を排出、我が国にも戦前から植林された杉、桧があるのに利用されず山は荒れ、林業をたずさわる人も将来がみえませんネ。
完成すればトラックいっぱいのゴミ!、30年ももたない住宅を作ってては壊し、またゴミ!
やっと近年ミンチ解体から分別解体になりましたが 鉄(金属)、木、コンクリート(アスコン)以外はリサイクルはまだまだ不十分です。

環境にやさしく未来の我々の子供達に安全な住宅を残すのも私達の使命と思います。


TOP��