愛知県春日井市の有限会社「高蔵」は環境にやさしく未来へつなぐ家創り「心安らぐ木の住まい」を手がける工務店です。
「木造注文住宅」「民家再生」「新月の家創り」愛知 名古屋 春日井 有限会社「高蔵」です。

新月の家造り

                    


head_kao.jpg


「コウメの家」 裏木曾から都へ 

                    

 3連休明けの5月6日東京都世田谷区地内におきまして「コウメの家」の地鎮祭を執り行いました。

                                                     saidan.jpg 

御好意にして頂いておりました設計士ご夫妻様のご紹介で初めて都での建築となります。

kuwa.jpg    tamakusi.jpg                   

お施主ご夫妻様 ご両親様 設計士ご夫妻様の参列により工事の安全祈願をお願い致しました。

「コウメの家」 の主役を紹介しましょう! koume.jpg

                         koumeup.jpg

この女の子が「コウメ」ちゃんよろしくネ。

te.jpg   ご夫妻の手

上棟は6月半ば過ぎを・・・   本日はおめでとうございます。


顔の見える家創りを始めるまえに

                    

1)お客様へ工務店の建築技術者として?

今まではとてもありがたい事に紹介による新築、改修工事がほとんどでした。
予算、間取り、外観・・・ぐらい。
希望を聞き我が家のように建ててきました。

しかし昨今取り出されているような耐震問題を含む偽装、新建材等によるアレルギー対策など住まわれる方々に説明しなければならない事が数多くあります、建築にたずさわる技術者として課された責任は重大だと感じます。

2)現在建てられているの家はどんな家なの?

木造住宅の多くは骨格と呼ばれる柱、梁は 外材(輸入材)が使われ、化粧となる表面には新建材と呼ばれる合板で出来た床、枠、ドア・・・仕上げには 天井 と壁にビニールクロスとエアコン等による冷暖房、アルミサッシとペアガラスの組み合わせ・・・などなど昭和30年代以降さまざまな資材、建材が出回り我々 工務店、創り手も便利さ 見栄えにとらわれ使用、利用してきました。
私もその内の一人でした。
皆さんがご存知の数あるハウスメーカー、○○ハウス等まだまだ数多くの工務店、創り手 も使っているのが現状です。
耐震の問題がでれば金物等による補強、よく耳にするシックハウス 等の空気汚染には強制換気と「F☆☆☆☆」フォースターと呼ばれる等の認定された建材の使用が義務付けられました。

3)今問題とされている事は?

耐震偽装といわれる構造体の強度不足、施行時の設計図書と呼ばれる図面と違う手抜き、見落とし・・・設計士、工務店、創り手 の技術者としての資質、技術不足、信念などの低下による建物の安全性です。
新建材、内装材、接着剤等から発生する化学物質と考えられるシックハウス症候群や 花粉症等のさまざまな要因によるアトピーなどのアレルギー症状です。
化石燃料等使用による二酸化炭素増大や空気汚染による地球温暖化から始まる異常気象と世界的な無本位な森林伐採、我が国では荒れた森林による山の保全不足からくる川の増水、住宅浸水、土砂崩れなど自然と共生できていない事です。
冷暖房 電気 流通の源となるエネルギー問題、産業廃棄物の不法廃棄、処理などのゴミ問題からくる環境汚染や水質汚染です。 くわしくは


「杉の秘密発見!」

                    

「科学の力が私たち人間に良い性質を分析してくれました。」と報告を聞きました。
奈良県東大寺にある正倉院は桧の校倉造りで創られ宝物等は杉の箱の中に全て納められてるそうです。
絹、羊毛が傷まずに保存されいたのは、窒素酸化物、硫黄酸化物が90パーセントを超えて浄化除去されていたという発見でした。
呼吸器系疾病の原因はNO2スモッグと酸性雨はNOXといわれています。
材木からホルムアルデヒド、アセトアルデヒド・・・の放散量を測定したところ杉は桧の1/2 最近よく見かける白くきれいな北欧材の1/10と確認されています。


TOPへ